さよなら2014 3D後編

昨日に引き続いて

2014年の3Dを振り返りますよ~

 

おそらく、今年最後の更新になると思います!

今年もありがとうございました

来年もフラフラ、ウダウダと更新していくと思うので

よろしくお願いします!

 

ライダー2号が自分の力よりも上の物が出来てしまったため

次どうしようか迷っていた所

友人より、リクエスト来る!ってな感じで

ぷちます!より声優さんをぷちます化した物を作りました

00

女の子のかわいいって感情ではなく

マスコット的な可愛さ(特に鳥系)に弱い自分には

ぷちます!というのの破壊力が凄かったです・・・

一度見てみたかったんですが、見かたが解らず断念!

見ていたら一年、また違ったモデル達を作っていたかもしれませんね

 

このモデル、友人が3Dプリントしたいと言っていたので

ソフトを教えて、WORKSから出た本を貸し、モデルも送ったんですが

結局どうなったのか・・・

 

MT4.2→MT6と言う今思い返しても最低な

CMSの更新をして、重さに悩みながら

細々と未完成品を作る日々を経て

06

 

なぜかガンダムを作成!

 

01

割りといい出来だと思うんですがね・・・

どうなんでしょうか?

 

で、この時にZbrush内で作業工程を動画で録れる事を知り

(TimeLapse)

録ってYoutubeに公開!

 

次に、Hottoysと言う

すんごいフィギュアメーカーを知り

そのルークに感銘を受けた +

フィギュアは買いどきを逃すと定価で買えない事を知り

ルークを製作開始

03

最初はHotToysベースで作っていたんですが

SWを見返すうちに

こんなにイケメンじゃ無い→カエルっぽい→

いやEP4の頃は美青年ね!ってな感じで

結局顔を作り直しEP4ベースで作成

04

ただ、顔の表情が豊かだからか

シーンごとに顔の印象が違くて、似せるのがほぼ無理!って感じでした

道着のヨレヨレ感は良く出来たかな~

05

やっぱりリアル系を作ると

髪の毛のテクスチャや造形が難しいなぁ~

 

で、録画してたガンダムの製作過程やらを

友人に見せた所、面白い!ってな事で

友人Liveの転換時にライブスカルプトをする事に・・・

02

その友人とジョニデを作りましたが

お題が良かったのか、この出来でも結構うれしい反応でした

 

次が、おそらく後半のハイライト

片桐さんのスカルプト本を入手した事と

Zbrushわからん会が延期してしまって行けなくなった悔しさで

なぜかオヤジを一週間作り続けると言うチャレンジをしました

07

UndoHistoryと言う機能も覚え

製作過程はほぼほぼ、Youtubeに・・・

その中のブライをCGトラッキングさんで紹介していただきました

09

自分の中では

頭の中で思い描いていた物がすんなりとZbrushで再現出来たと言う事で

08

このモデルが今年一番のお気に入り+出来だと思ってます

00

 

そのオヤジシリーズで作ったブライをリトポして

その顔を利用してDQ4のオヤジを繋いだら

動画として面白い物が出来るのでは?ってな事を思い

ライアンを作成!

10

動画で出したかったので、鎧部分もZbrushで作りました

なんとUndoHistoryをOnにしてない状態で保存してしまったため

最後は、同じポリ数と言うことでXSIのモーフでつなぎました・・・

今思い返しても残念!!

11

 

残念過ぎて、次はどうしようかってな感じで

球体を出していじっていた所

造形天下一の悟空が素晴らしかったので

何故か悟空の作成を開始しました

12

原作版は何度か作っていたので

同じ原作でも、完全版で書かれているような

少し柔らかめの悟空を意識して作りました

13

Zbrush内ではそこそこ満足の出来る結果になりましたが

リトポ後だとポリ数の関係で目の印象が変わってしまうのと

破れた部分のリトポをどうしようと悩んだ覚えがあります

14

製作動画を公開した所

3D人さんや日本や台湾のネットニュースで取り上げてもらったみたいで

動画は結構なアクセス数をたたき出しましたよ~

中でも3D人さんでは2号の動画も紹介していただき

こちらもアクセス数が伸びて、埋もれなくて良かった~ってな次第です

 

・・・

ただね・・・

こんなに人に見られるんだったら

アンビエントオクリュージョンの繋ぎ目をしっかり馴染ませとけば良かった!

って動画公開直後から思ってますよ・・・

 

そんな中、ドラゴンクエストヒーローズが発売決定

ってな流れで、アリーナを作成

15

鳥山絵のモデルを複数作ってきましたが

女の子を原作基準で作ったのは初かも?

 

ただ、なんとなく気分が出なくて頓挫・・・

 

GTA5のPC版が決定したこともあり

昔MODをやっていた身として、作らねばってな事で

クラウドさんに取り掛かりましたよ~

16

衣装の選定で悩みましたが

造形自体は簡単そうで

海外のチュートリアル通りやればセーターもイケるだろう

ってな考えだったんですが

マイクロメッシュでカウンターをくらい

現在関わっている仕事で

いつもの自分の仕事をしたら待ち時間みたいな感じではなく

ちょい責任者っぽい事になってしまっているので

空き時間がなく、現在までウダウダ引っ張っているって感じですよ~

ブログ開設以来、ほぼ毎日更新していたので

この更新ペースの遅さも初なのでは・・・

 

空き時間もDQXの再ブームで潰されちゃった感が・・・

 

で、コメントにて動画が見たいってな事を言われまして

丁度、映画で復活が決まったフリーザ様を作成

17

こちらは原作基準+大っ嫌いな山室色を少し入れた感じで・・・

自分で言うのは痛いですが、やっぱり愛では負けてない・・・

 

ってな感じで今年一年、こんな感じで3Dをやってましたよ~

ZbrushCentralのトピックを見ていると

造形は現在のレベルでもまぁまぁ行けそうですが

テクスチャとレンダリングで圧倒的な差がありそうなので

来年は、テクスチャを勉強していければなぁって思ってますよ

 

まぁ毎年思っているだけで

その時に興味がある物にひっついていく感じなので

またMMDで萌え系を作り始めるかもしれませんし

急にクリーチャー系に行くかもしれません

そんな感じで動いていくと思いますので、来年もよろしくお願いします~

 

 

最後に・・・

どなたか、Zbrushのキャンパスサイズって動作速度に影響有るのか教えて!?

ってな事で締めたいと思います

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします