セコボーン

色々とRyzen+Zbrushで試してるんですが

今回のWindows 10大型アップデートでもSMTでの動作が改善しなかったため

問題がないというWindows 7を入れるのが現時点では幸せって事に行き着きましたよ

流石にベンチのスコアが

1600と1100ではね・・・恩恵が・・・

ただ、Windows 7も今回のアップデートでCPUの世代によって

Windows Updateが動かなくなるってな事なので、あくまで現時点って事で・・・

AMDとMicrosoftが調査した結果

SMT問題は

Windows 10の問題ではなく、ソフトウェアの問題!ってな事で結論を出されてるので

Zbrush側での対応が待たれますよ

 

ただ、SMTを切るとパフォーマンスがアップするってな報告が

Zbrush以外でも見受けられるしWindows 7で発生しないって事から

Windows 10の問題だと思うんですけどね・・・

 

 

話は変わって

Zbrushで書き出したObjとかUE4で楽しんでた時に

ちょっと内容が解らなくなっちゃった3Dファイルの確認で

ダブルクリックで開けることの手軽さから、メタセコを使うことが多いんですが

4はFBXを読めるんですね!

前の環境では3をメインで使ってたので、気づかなかったんですが

骨やスキニング情報も読めるんですね

こいつは便利

 

流石にメタセコで骨入れやモデリングをすることは無くなりましたが

やっぱり入れておいて損は無いソフトだなぁ~って思いますよ

 

 

同じSIから書き出したFBXでも

骨情報が読み込まれないものがあるのは

どういった法則があるんだろう・・・

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします