デルチ

アリーヴェ!

ってな事で、引き続いてHairレンダのお話なんですが

ArnoldレンダーはSIにも提供されていて

alShadersもリリースされてるってなもんで

ちょいとやってみたんですが

なんか、どのノードを繋いでも赤いコンスタントシェーディングになっちゃって

使い物にならなかったんですね・・・

 

xNormalの問題もあって

Mayaの体験版を使い始めたわけなんですが

Mayaの方もArnoldレンダーを最新版(5.x世代?)にアップし

それに対応したalShadersに変更した所

同じ症状になっちゃったんですね・・・

 

これは・・・ってな事で

SIの方のArnoldもMayaで標準インストールされている付近のVerにした所

(4.2.xみたいなかんじ)

無事にレンダリングされましたよ!透かしはあるけどね!

 

チャンネル出力の方は

コマンドにてレンダーオプションを追加した後

パス編集で任意の名前を追加すればいいみたいです

スクリプト側で自動に追加できるものでも、結構名前が違っていて

マテリアル側で変更しても効果は見れない物が多かったので

普通に追加するのが手っ取り早いのかな?

 

ってな事で

Mayaでのチュートリアル通りのノードをSIでも繋いでいった結果

アルファ部分のシャギがかなり目立つものの

そこそこの結果を得られましたよ!透かしあるけど

 

とりあえず、Mayaに慣れなかった場合の

最終回避案件として持っておきましょう!

 

ただ、透かしを無くすために約10万・・・

今までリアルタイムでやってきて

プリレンダなにそれ?美味しいの?状態のあたしには高すぎる!ので

結局は標準搭載のものになりそうですよ!

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします