ピピピピックアップ

引き続いてQuixel楽しみ案件です

 

どこの世界もそうですが

マスク重要!

んで、Quixelだとアンドゥがきかないので

IDマップを作成するべく

Zbrushで色分け

00

んで、xNormalで頂点カラーを焼いて

Quixel上でIDマップから色選択→マスクの項目をだす!

01

んで、シーム部分(黄色)を選択

ってな感じで動いてたんですが

02

何故か、黄色が選択できない

黄色を選択すると、上の黄緑の色が選択されてしまう案件発生!

 

赤色が選択されたのであれば

ピッキングのプログラムミスって感じだと思うんですが

何故か、黄緑が選択されるってな自体に・・・

 

う~ん

もしかして、黄緑と黄色が色味似てるってオチ?

プログラムでははっきり256 ☓ 3段階で数値化出来るのに?

 

ってな事で

シームの色と形を変更して

03

再度、焼き付け!

前の記事で書いたように、Curvatureが約1時間かかるから

あまりこの段階で試行錯誤したくないですよ!

 

んで、カラー選択をしたところ

同じ現象が・・・

しかも今度は、余白部分の黒選択に・・・

 

う~ん・・・

もしかして、ピックアップする画像を拡大するとダメなのかも?

ってな事で

別の部分に同じ色を置いて

04

画像を拡大せずにピックアップしたところ

05

無事に選択できるというオチに・・・

拡大とピックアップのプログラムに不具合があるのねってな結論!

 

後は、XSIやTOOLBAGでは正常だったUVが

矢印の部分で崩れていますね・・・

これはポリゴン分割の問題かな?

 

そんな感じで、マスクを駆使して作っていくと

こんな感じに

06

マスクをペイントして作っていく感覚でやっていけば

SubPと同じ要領で出来ますね!

 

シームはもう少しデフォルメしないと

わからないなこりゃ

 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください