セカンドスカルプト

インプットサポート動作確認のために

モデルを作りましたよ~

前回はZSphereだったので、今回はDynaMeshです

1955(1).jpg

ニョキっとMoveブラシ

1955(2).jpg

一旦DynaMeshをして、MoveとInflat

1955(3).jpg

DynaMeshを終了し、Lvを1上げ

Matcapを変更して、確認しながら肉付け

主にClayBuildUpとDamStandard

1955(4).jpg

SubLVを一段階上げてお顔整備

1955(5).jpg

(かっこいい)

 

手と足をマスクしてExtractし

CurveTube等を駆使し作成

1955(6).jpg

で、スカルプト完成!ってな感じで

Lvは最大5で

肌部分は2.9Mil、Totalで3.6Milとなりました

この時点で細かい血管等は書けるくらいの分割数です

まだまだ余裕な感じ

 

で、インプットサポートの使用感ですが

ペンボタンを変更できるようになり

選択する煩わしさはありますが、結構作りやすくなったかな?って思いますよ~

 

ただ、一度だけインプットサポート自体が原因不明のエラーで落ちました

インプットサポートを再起動すれば何でも無く使えましたが

その後再現されなかったこともあり、ちょいと気持ち悪い

 

で、次は色塗りをしてミニナッパ完成

1955(7).jpg

う~ん、赤い・・・

デスクトップのモニタが合っているのか解りませんが

SurfaceProの色は温度が高めとの事なので

デスクトップとの差に驚き・・・

設定できないかな?

 

あとは、SpotLightは使っていないので解りませんが

ポリペイントで色塗りをする場合は

Cキー(色のスポイト)をペンボタンに割り当てられないと

ちょい不便かな?って思う場面が多々ありました

 

ということで、一度落ちた気持ち悪さがあるものの、Cキーを追加して公開かな?

CtrlとのGUIボタンの区別はどうしよう?

 

デスクトップで色相を補正したナッパさん

1955(8).jpg

これ実物で欲しい

 

ちなみに、もう一段階肌のレベルを上げて

Active 11.740mil Total 12.501milでも

レベルの切り替えは遅いけど、結構スカルプト出来る印象でした

この程度のモデルだったら仕上げまでOKかもしれませんよ

 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします