エセリプス

久々に音楽の話題ですよ

 

友人がオークションにて

不明なギター工房で作られたというECLIPSE S-Vを買いまして

んで、パーツ等が格安品で済まされているという事なので

それを交換してくれないかと頼まれまして

それを完成させましたよ

00

うん・・・

ESP ECLIPSE S-V Quitを元に作られたものらしく

一緒にオークションの説明を見たところ

パーツ以外は本物と同じ感じに作ってあるということでした

 

パーツはびっくりするくらい知らないメーカーで

調べてみると中国のメーカーらしく

日本で取り扱ってるところが無かったので

有名ギター工房って書いてありましたが

中国のパチモノを作る工場で作られたのかなぁ~って印象です

 

ギターのパーツは500円とかのレベルなので

100円の中国産でも、国内で入手するには輸入費がかかりますし・・・

 

とりあえず、ポット類はESPのポットはサイズの関係上

無加工では取り付けられなかったので

16mmのミニサイズのポットを

セレクターはESPの3Way、コンデンサーはオレンジドロップ

ナットはTREMNUTに交換しました

セレクターやポットの配線は本物と同じように作ってあるとの事でしたが

まったくと言っていいほどあってなかったので

そいつも修正し

セレクターはフロント→フロント+リア→リア

ポッドはVol Tone バランサーに変更しました

 

外見上は似た感じにはなってますが

まず、ネックの握りがかなり違いますし

バインディングが太く、ポジションマークが雑です

今、ちょっと外見は同じなS-8を貸しているので

旧世代のS-Vとくらべてみると

01

こんな感じで、特にハイポジションになっていくと雑です

 

となってくると、オークションの商品説明とかなり違ってきていて

信用という意味では、無くなってしまってる気がしますね

材質を一緒にしたってのも

あやしいところです

02

 

ロゴの方もかなり洗練されてないというかなんというか・・・

03

そもそも、ESPのロゴを入れてる時点で

きちんとしたところで作られていないってのを判断するべきでしたね

 

ペグもGOTOHのマグナムロックに変更し

ブリッジもGOTOH製に交換しましたが

ペグは4弦と1弦を回すときに若干ネックに当たる感じがします

ブリッジはブロック部分のザグリが狭いため

本家ECLIPSEシリーズよりも少しアームアップ、ダウン共に可動域が狭い気がします

 

とまぁ、こんな感じですかね

ESP製のSUGIZOモデルをかなり触ってきて所有もしてるので

違いがすぐ解りましたよ

 

ボディの厚みやパーツの穴の幅等結構違いますが

特にネック関係で違いが顕著な気がします

ESP製のS-VQuitは安くても80万なので

入手できなくて、ギブソンを参考にしたのかなぁ~ってな印象

ギブソンだとレプリカも含めて入手しやすいですし

資料も多く入手できますしね

 

友人も少しがっかりしてましたが

音自体は結構素敵な音で

安物買いの銭失いってな事にはなってないかなぁって思いますよ

S-8が帰ってきて、もう一度借りれたら

録音でもしてみたいと思います

 

 

S-Vのシンクロタイプの物は持っていないので

少し欲しかったりもしますよ

ネックの握りがギブソンぐらい太いので

あたしの手にはデカすぎますがね・・・

 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします