Toolbag焼き

引き続いてお焼き調査

Toolbag3から搭載されたベイクを試してみましたよ

 

何が便利って

ケージをペイントし、視覚的に操作できることですかね?

xNormalでも似たようなツールが搭載されてますが

ちょいと扱いが難しいので、かなり簡単に出来るのが嬉しいとこ

 

たとえば

こんな感じで、情報が取れてない場合

該当部分をペイントして、オフセットさせてあげるだけで

この通り

しかもプレビューマテリアルを設定しておけば

ペイントしてすぐに、ビューポートが更新されるので

かなりいい!

 

Skewの方の動作がつかめませんが

直訳すると歪めるとの事なので

法線の通りに放射状に情報を取るか

直線状に情報を取るかって事かな?

ラインみたいな部分には強めにかけたほうが良いのかも

 

ただ、注意しなくてはならないのが

色情報管理なので

オフセットにも最大値があるってこと

最初に設定するオフセット値を

極小の状態から始める場合

押し出しに限界があります

赤矢印部分の様に、最大値にしても

情報を取れない場合も

 

 

んで、前回と同じ様に

Normal、AO、Curvatureを焼いてみたところ

3分19秒といい感じのスピード

 

(Normal + AO)

最初のオフセット値を間違えてペイン卜してたので

あまりうまく焼けてませんが

前回と大きく違うのは、赤矢印部分

オフセットをいじることにより

上に乗っているメッシュが転写されてない!

これは大きい、素敵!

 

(Normal + Curv)

こちらは、色が薄め

コントラストの差かなぁ?って印象ですね

 

最強かも・・・

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします