わからないのに考える

Unityの講演資料が動画等で続々と公開されていて

ちょいと見てるんですが

やはり興味を引くのはトップ層によるトゥーンシェーダー談義

なるほどなぁって思いながら見てますが

なにかディファードで面白いことが出来ればってのは

昔がっつりプログラム書いてた時に感じてたので、面白いことが起きれば素敵ですね

ベロシティマップとか使えそうな気がしてたんだよな~

XNAが更新されなくなって全て終わったけど

 

トゥーンシェーダーのゲームをやってて思うのは

ドラゴンボールファイターズの様に2.5Dと言うか。陰影等が決まっている場合は

静止画のスクリーンキャプチャなんか見ると

普通に手描きじゃん!ってレベルだと思うんです

ストーリーモードがそれに近かったんですが

少しカメラが動いたりする場合

陰影の動きがやっぱり気持ち悪いんですよね

陰影の制御をしてたとしても、ヌルヌルしてると言うか正確すぎると言うか・・・

 

昔MMDやってた時に気持ち悪すぎて

全部取っ払った位、好きじゃない

だから、Wiiで出た天下一大冒険が個人的に好きだったりします

ただ、ソレだとエッジありのコンスタントシェーディングと変わりないので

ロマンが無いんですけどね

 

まぁ、けいおんとたまこ位しか見たこと無い人の意見ですが

それほど陰影は正確に動かないって思ってたので・・・

 

カメラの向きとポリゴンの角度とって制御するとか

別法線を使うのでは無く、別ポリゴンにしてアルファ合成するとか

色々と考えてましたが、ちょいと上手くいかなかった経験がありますよ

当時はステンシルシャドウの考え方で

陰影を抜いてみてはどうかな?ってのを強く思ってた気がします

 

(鼻ポリゴンの制御は似た考え方で上手く行った気がする)

 

髪の毛の影はポリゴンで作ってた気がします

動きに対応できませんがね

 

にしても、まだまだ意欲的な印象を受けたので

もっともっと進化していくかも知れませんね~

日本では↑の様な感じの絵を作ったら

観覧数とか評価が段違いに多かったですが

海外での萌え系アニメ絵の人気ってどうなんでしょうね?

 

なんとなくですよ、日本でも海外でも

深夜アニメ系の絵をトゥーンシェーダーで昇天させても

一部でしか驚愕されない様な気がしてまして

それこそ、ドラゴンボールやジブリなんかの絵を昇華させないと

今回のDBFZの様な凄い!凄い!って感じにはならない様な気がします

トゥーンシェーダーを使った、新たな方向性のグラフィックだったら別ですが・・・

 

自分も萌え系アニメを見ないので、なんとなく線引ってのがあるのは解るんですが

少年誌系というかそこら辺をやらないとって偏見がありますよ

 

ただ、君の名は。とかの差が解からないんだよなぁ~

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします