終える

睡眠時間を限りなく削った結果

とりあえずクリアしましたDQ11!

(関係ない画像です)

 

やっぱり流石のナンバリングでした

この後もまだまだ深くありそうなので

楽しめそうです

 

システム的に不親切な、らしくない部分はありましたが

やっぱり、3Dでもシステムでも会話文章でも

手を抜いていないってのと、程よくわかりやすいってのが徹底されてて

ゼルダもそうですが、丁寧ってのはやっぱりゲームとして良いなぁって思いましたよ

100人中99人が気づいても1人が気づかない場合のために

きちんとサポートしてくれる様な優しさというか、何というか

そういった所が堀井さんの中々譲らない部分なんだろうなぁって思いましたよ

 

おそらく途中からそんなにガッツリと関わらなくなったであろう

DQ10が現在忘れている部分でもあるなぁって思いました

 

そして相変わらず

イベント前と後で町人・仲間たちの会話が変わるのがね!全部読んじゃうよ!

 

3Dデータを見ることは叶わないだろうけど

ライトが弱まる部分でもしっかりとキャラが出ていた事から

次世代的な作り方をしていても

UVは旧世代の様に真四角でびっしりと詰まっていて

ディフューズは手書きってな感じで

反射だけPBR的な感じでやってるんじゃないかなぁ?

たぶんそれが独特の感じに仕上がってる原因かと思う

 

バランス的にはかなり簡単な部類で

最後まで金策やLV上げで作業するってのは無かったかしら?

素材集めはしたけど

 

メタキンが出る所を発見したってのも大きかったかな?

おかげでちょっと上げすぎて終盤の想定の楽しみができなかったけどね

シンボルエンカウントなので、敵も意図的に無視できるのが良かったかな

ダンジョンの適正レベルより上の場合

ほとんど絡むこと無く行けたのがストレスフリーだった

 

あとは今回、ほぼ話がつながってるので

本当休止時が見つからなくてきつかった!楽しかった

 

シンボルエンカウントなんだから

MMOの様にフィールドにとてつもなく強い敵を配置しても面白かったかなぁ

その場合、2D版の3DSがどうやるか解らないけど

 

あとは本当風景が素敵なので

DQ10のカメラの様な上下左右ある程度自由に動かせるカメラが欲しい

 

 

 

一応クリアしたので、一旦寝よう・・・

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします