駄目じゃない

RyzenにはWin7用のUSBドライバがなくて

インストールが面倒!ってな事で試してみてなかったんですが

やはり1100と1600の差はでかい!って事で

重い腰を上げて試してみました

 

まぁ、USBドライバの方も

マザボメーカー各社でツールを出されてるみたいで

意外とすんなり出来ました

 

使用しているMSIのツールだとエラーを吐いたので

GIGABYTEのツールを使いUSBドライバを入れ、クリーンインストールってな感じで

出来ましたよ

 

んで、結論から言うと

SMT問題が無いという記事が上がっていたWindows 7さんなんですが

Zbrushでは問題ありってな事がわかりましたよ!

 

奇妙な事で言えば

Windows 10環境だと、Flat以外全てのMatcapの切り替えが遅いんですが

Windows 7環境だと、一部のMatcapの切り替えは通常通りな感じでした

Drawメニューの表示も固まることなく表示できましたよ

不思議

 

ただ、一番の問題点である

Lightの移動がどうにも遅いので、どっちにしろ使い物にならんってな結論ですかね

素直にSMTをオフにするか、i7 6850あたりを買いましょうってな事で・・・残念!

 

エクスプローラーやファイルの読み込みはキビキビしてたので

今のところWindows7の方がいい感じなきもします

 

ちなみに、SMTオンの状態でも

マウスオーバーで見れるプレビューは普通に早いですし

Bestレンダーはメッチャクチャ早いです

だけに惜しい!

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします