昨日の髪の毛のやつ

やっとHDDからデータが取り出せたLAGです

丁度、音源系を入れてたので50MB程度のwavがかなりの数ってなのが効いたみたいです

 

そんな中、動画は持っていないので見せてもらった程度なんですけど

以前セフィロスでトライしてみた髪の毛のテクスチャ生成方法を

丁度プロの方がやっている動画を見まして・・・

使用方法をメモっていたので、覚書をしておきますよ!

 

プロの方はMayaのXgenを使ってやってたみたいですが

まずは、Gridを取り出して少し手前に傾ける(30度くらい)

00

そこから5本くらいのカーブを生やす

01

SIなのでカーブでやってますが

Maya上ではXGenのメニューから作成してました

 

んで、分割数を増やしたりして、少しランダム感を出す

02

Hair適用!

03

Hair設定を利用して毛束感を出す

04

んでレンダリングってな感じでした

05

 

レンダリング前には

ちゃんとレンダリング後の画像がテクスチャサイズになるようにカメラを設定し

テクスチャとして配置したい部分にグリッドを移動させて

正投影でレンダリングしてました

 

んで、アンビエントオクリュージョンマップを

Toolbag2のキャビティで使用してリアルタイムレンダリングしてました

 

そんな感じの流れで毛束を5つくらい作り、あのクオリティの物を作ってました

やっぱりプロは凄いですね

 

セフィロスの時は思いっきり平面で作っていたのが敗因だったのかもしれません・・・

FF15でもMayaのHairを利用した髪の毛の生成方法をやってたので

普通の方法かもしれませんがね!はじめて知ったのよ!

 

でも、XSIのヘアーって

06

根本も先端も、なんとなくブロックで気味が悪い気がしますよ

横に書いた赤い線の様に

シュッ!ってな感じにならないものかと思ってます

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします