追いかけろアドヴェンチャー

主人公作り直したい問題は

とりあえず、買ったもののパッケージすら開けてない

ClipStudioをインストールし

全身を描くことから始めましたよ

00

まぁ、絵は描けないのでしかたないですが

画像検索すると、やっぱり頭身高めなDQ10やDQ11、DQHよりも

DQ9の頃の感じが好きかな?って思って

こんなバランスを考えてますよ

つくり直す前と似たバランスな気がしますが・・・

見栄え的には頭身高いほうが動かした時いいのかなぁ

 

そんな中、3D人さんのサイトで

UE4のいい感じの物が紹介されてましたよ

 

01

 

ゲームのサンプルがダウンロード可能だったので

試してみたんですが

うん

何というか、動画を見る感じの期待感はほぼ無くなった感じです

というのも、色々なサンプルが付属してるんですが

各動作の開始、終了が明確ではなく

そこがきちんとしてないから

ただボタンを押したらモーションが再生されてるだけってな印象が強いです

意外とUE4で解説やサンプルを見ない

ボタンを押すタイミングでモーションが変化するコンボシステムが実装されてると良かったんですがね

 

他にも、例えば弓のサンプルは

構え出したら、画面の奥の方にキャラが向くって言うのを知りたいと思うんですが

そこは向きの変更はなく、キャラが横を向いてようが何してようが

矢が奥に飛ぶだけだったりします

 

02

(こんな感じで、構えた時のキャラの向きは関係無い)

 

あと、ソースを見てないから解りませんが

壁の張り付きやアサシンクリードの様なぶら下がりは

IKを使ってプロシージャルにやってるのではなく

特定の部分と判定用の壁との当たり判定をとったら

モーションを再生するってな感じなのかな?ってのも思いました

 

あくまで、サンプル判断でソースを見れてないので解りませんがね

工学社の書籍と同じ印象を受けましたよ!

 

ただ、あくまで基礎的な部分を提供してくれてるだけで

カスタマイズしやすいようにかなり簡易的にしてあるのかもしれない・・・

結局、購入しないとわからないか・・・

 

でも、これだったら同じ値段の地形をいい感じに作れるやつを買うかな~

情勢的に円高になりそうな今、色々と揃えとこうって思うLAGでした

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします