一瞬の動き

昨日のロックオン・・・

アクターの向きやカメラの向き、メッシュの向き等を調査したところ

原因がわかってきましたよ

 

00

 

この状態からロックオンを開始した場合

 

まずは、カメラとの連動性を入れた状態で

補間させると

一度、カメラがアクターの後ろに行った後

01

補間が開始されるみたいで

それでブレブレに見えてたんですね

 

んで、最初の状態から

カメラの連動性を切った状態で補間させると

カメラが変な方向を向いてしまうのは

ターゲットとユーザーからの向きを出すのに

位置関係から出しているので(UE4の便利関数はその仕組)

アクターの回転を考慮してないためですね

 

とまぁこんな感じで、原因は見つかりましたよ

 

解決策としては、一番最初の方法では

コントロールの前進を入れると前を向くために回転することを利用し

前を向かせた後ロックオンってな流れを作るのが簡単そう

カメラとアクターで返す向きが違うので

それを利用すれば出来そうかな?

二番目はただ単純に回転を考慮すればいいだけの話でしょうかね

 

ただ、回転の線形補間の関数が

完了しらせを持ってないのが地味に面倒

Floatなのでぴったりとはいかないだろうけど欲しいところですよ

 

0.01 >= 補間値 =< -0.01ってな感じのマクロかなんか作れば

判断できそうですかね?

 

ただ、ロックオンを確認するために

久々にDQHをやると

向きロックが無いタイプのロックオンだったので

それでもいいのかな?とも思いますよ

 

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします