パープル

体調を崩したと聞いてましたが

まじかよ!プリンス!

デヴィットボウイに続いて

今の音楽を創ってきた人たちが旅立っていきますね・・・

日本のギタリストで言うと上記二人に影響を受けたSUGIZOは

創られた道をたどる人が多い中

誰も考えつかなかったギターを作ったり、エフェクターの使い方等

まだまだ創っている気がしますが、その次の世代は出てきてるでしょうか?

やっぱり考えて音楽を作る人出てきて欲しいですね

考えて作る人は結構インディに多いですが

大衆性を考えてないので、言い方が悪いですが

マスターベーションを垂れ流しって感じなので

もっと、考えて作るなおかつポップセンスが抜群な人

出てこないですかね・・・

もう10年位、弾き語りを歪ましただけの音楽が幅を利かせてるので

もうそろそろ歴史と同じようにひっくり返る時期なはず

 

そんな事を考えつつ

セフィロスです

昨日の状態からUVを整えて

チュートリアル通りに、CurveBrushで髪の毛を作っていったんですが

なんとなく、雰囲気が出ない・・・

ってな事を感じてて

何かいい方法は無いかな?ってな事を思って

試行錯誤してますよ

 

んで、いい感じかな?ってたどり着いたのは

UVの内、各アイランドを1つだけピックして

ZbrushのUVMasterで平面にしたポリゴンを

再度XSIに持って行き

00

カーブを抽出して

ヘアを作成してやってみる

01

んで、オーソでテクスチャサイズにして

レンダリングしてみると・・・

02

意外と使える感じなのかもしれません

 

とりあえず、法線等の要素もレンダリングして

ToolBagで確認してみると

03

つまらない髪の毛になってるような気がしますが

結構使える手なんじゃないかな?って思いますよ

法線が弱いか・・・

 

んで、↑の状態だと

零式HDの様に、流れ不十分な感じで

のっぺり板ポリってイメージが強い気がするので

SAIで流れを加筆

04

うん、いい感じ

 

ただ、逆に流れを書いてしまうと

05

分け目部分の状態のように

ギャグみたいな流れができちゃうんですよね・・・

ここはどうしようかしら・・・

FF13のライトニングさんの巻き髪を作るために

テクスチャもあえて流れを描いて作ったってなメイキングを見たので

ここの部分は、流れを描いて作ったほうがいいのかも?

 

ただ、全体的に

ポリゴンの前後関係を調整すれば

いい感じの結果を得られてるんじゃないかと思いますよ

手描きよりかなり楽です

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします