絶望しか無い

昨日の話題なんですが

なんと・・・Softimageさん

CGraphicSequencerの処理内で

CGFXのサポートを止めたか、バグ放置なのかで

CGFX表示が出来ないってなオチになったみたいです

GLSLなら通るし、テクスチャを切り替えた時の情報は送られてるみたいなので

バグだと思うんですけどね・・・

迷惑かけて申し訳なかったです

 

シェーダーウィザードでは

逆にGLSLを取っ払ってるので

憶測ですが、2012でリアルタイムシェーダー周りを修正した際に

SDKまで頭が回ってなくてCGFXでのエラーを見落とし

現在に至るってな感じでしょうか?

ただ、Shader周りの関数で2011以降で増えているものが多数あるので

そこを辿っていけば出来るのかなぁ??

SDKのリアルタイム周りはエラー起こすのが多くなっているみたいなので

バグのほうが有力だとは思うんですがね・・・

 

プログラム内でのCGFXは通るので

マテリアルからシェーダーのパスを習得して

プログラム内でコンパイル

同様に数値も習得して、セットってな流れではいけると思うんですが

面倒すぎて・・・

 

ちなみに、リアルタイムシェーダーの扱いが変わる前の2010ではOKでした

 

ついでと言ってはなんですが

DX9も調べてみることに

DX9とは言っても、XSIのDX9描画は

開発側が用意したXSIっぽく表示できるエンジンでDX9描画をしている物なので

(XSいから三角形情報やらを得て、普通にDXプログラムで描画している状態)

このDX9部分が通れば

自分で読み込み部分を作ることにはなりますが

CGFXシェーダーで表示できる希みがつながるんですよね

 

で、せっかくインストールした2010の体験版SDKから

DX9のソースを持ってきて試してみると・・・

00

こうやって表示されて欲しい物が・・・

01

表示されないという結果に・・・

(標準のDX9と分けるためにグリッドの色を変えてます)

 

う~ん・・・DX9エンジン内で描画している文字やグリッドは表示できているので

三角形の習得部分が変わったのかな?

 

まぁどちらにしろ

CGraphicSequencerで扱えない以上は

XSI基準のワイヤーフレーム表示とかも出来ないので、使い道は無さそうですけどね・・・

 

う~んGLSLを覚えればいいのかなぁ・・・

なんにしろCGraphicSequencerでCGFXが省かれたのは痛い

バグだとしたら・・・

2011からなんで急に2015で直ってるは思えないしなぁ・・・

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします