落ちないVer

キサポを更新しました~

とはいっても、Twitterでつぶやいていたような

ダブルクリックでのパンやズーム対応ではなく

エラーが出ても落ちにくい仕様にしただけですよ~

再度DLくださいな

 

USBメモリの整理をしてたら

ギガンテスのZbrushが見つかりましたよ~

1957.jpg

見返しても思いの外良かったけど、Surfaceを買って手軽になった今

もう一度作ったほうがいいかなぁ~ってな出来かな

 

にしても、LUNA SEA アルバム出ますね!

ただ、今年のシングル群

特に「Thoughts」や「乱」を聞くとちょいと期待薄かな~ってな印象

ずっと追ってきているアタシの感覚だと

INORANが劣化SUGIZO、劣化NIRVANAみたいなフレーズを弾く様になっているので

独特の個性が無くなっちゃってるかなってな印象

あの開放弦を絡めたフレーズは世界広しと言ってもINORANのセンスは抜群だったので

なんかソロ活動も含めて今の感じはすごく残念なんですよね

別に何かっぽい人になる必要は無いだろうと・・・

JとSUGIZOはなんか衝突を遠慮している感じ

もっとバンドに寄らないで、ソロでやっているようなことをバンドに落としこんでも面白いのになぁ

ただ、Jは「Thoughts」だけで言うと

久々に曲をねじる様なフレーズを弾いていたので

曲次第なのかなぁ~ってな感じもしますが

 

なんで、LUNA SEAにこだわるかってのは

ただ単純にLIVEがかっこいいってのもあるんですが(最近特に)

各自の個性がバラバラで、各音一個一個ジャンルが違って

でも一個の方向性と言う枠内にいる様なバンドは海外でもなかなか聞かないので

そこにバンドの魅力や憧れを感じているためですよ~

特にSTYLE以降の後期と呼ばれる時期は掘れば掘るほど発見があるみたいな?

 

MUSEのBlackHole以降やU2のHOW TO以降、MEWの2nd以降と同じように

現在LUNA SEA各メンバーがインタビューで言っているような

一筆書きや楽しめばOKってな感じは

曲の出来を聞いても良くないって言うのがわかるんですけどね・・・

 

特に上記バンド達は脳筋になっちゃダメでしょうと

 

まぁまだ新作を聞いてないので

現状のシングルからの予測ですがね

RougeやLost World辺りの感じで詰めていってくれればなぁ~

それでもSTYLEやLUNACYに比べると詰めが甘すぎる印象

この二枚を聞いたからこその今の職みたいな感じなので

曲の方向性は違っても、唸るような、わくわくするようなアルバムになってて欲しいですね

 

「LUNACY」が最高傑作だったよねって言わせないで欲しい

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします