インプットサポート3

引き続きインプットサポートです

とりあえず、サービスと共にタブレットアプリケーションを再起動すると

ペンボタンの動的切り替えが可能だったので

実装してみましたよ・・・

 

ん?切り替えると筆圧が効かなくなる!!

Zbrushを再起動すると筆圧が効くようになるので

これは・・・

 

ってなもんで、どうしようかな?って思っていたんですが

ペンボタンの入力を偽装しちゃおうってな結論に行き着きましたよ

 

動作としては、Zbrushで必要のないであろうキー

(今回の場合はF12キー)をペンのボタンに設定しておいて

キーボードをプログラムから監視して

F12キーが押されたら、任意のキーに変えちゃおうってな動作です

1954-1.jpg

やってみたところ、軽快に筆圧も効いた状態で切り替えが出来ましたよ~

サービスの停止/開始やテキストの更新を行わないので

切り替えもストレスの感じない速さになりました

 

懸念事項としては

キーボードを常に監視しているので、ユーザー的にそこんとこどうなの?ってな事

あたしは何も気にしない人間なんですが

公開すると、気になる人もいるかもしれない

ってな事で、下の方にある白いボタンを押す事によって

監視するかしないかを切り替えられるようにしました

 

拍手にてZキーもSpotLightで使うかも?ってな事を教えてもらったので追加しましたよん

 

後は、一回自分でスカルプトしてみて

不具合が出なきゃとりあえず完成って事にしておきましょうかね?

 

ブリーフ博士的な事を言えば

アイコンが欲しい所

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします