FF14の無料期間が終わったよ

最近、腕のアナトミーを練習していますLAGです

なんかゲームを作りたくてプログラミングを始め、

シェーダーを学び続けて、ゲームを作れなかった状況に似ている気がする・・・

腕じゃなくて、モデルを作りたいんじゃ!!

 

そんな中、旧FF14購入者対象の無料期間が終了しました~

リバプールvsスウォンジーを観ながら感想でも書きたいと思いますよ~

1387-1.jpg

全体の印象は、最初は過保護すぎるって印象

序盤は本当につまらない・・・

クエストを数をこなさなくてはいけないので仕方がないのかもしれませんが

クエストを受注した時から、

マップに出現モンスターの位置やアイテムの位置が示してあるのはなぁってな印象

 

例えば、DQIの王女の愛を使ってのロトのしるし探しやら

DQIIIの黄金の爪等々、ヒントを元に自分で探し出す事でマップも印象に残るし

ゲームユーザー共通の思い出にもなり、そこがRPGの面白さって気がするおっさんなので

アバウトな村人の情報だけでいいよって感じがしましたね

 

それでもマップの綺麗さ、バディとしてチョコボを呼び出した時の連れて歩く喜びがあったので

なんとなく移動は楽しめましたがね

 

戦闘は終始つまらなかった感じです

Impressさんの記事で吉田プロデューサーがLV50での複雑な立ち回りを披露されてますが

普通にやって、普通のLVの敵を相手にする場合は

基本攻撃をクリックするだけで終わるので、作業感が強かったですね

戦略性は無くクリック連打だけで死ぬことはなく、しかしながら敵のHPは多いってな印象でした

 

しかしCF等でPTを組んだ途端に

各種役割が発生して立ち回りを重視しなければクリアできないようになります

過保護で育てられたのに、急に実力重視の社会に置かれるって印象

 

実体験やフォーラムを見る限り

無料期間中にはたどり着けなかったもっと先の部分では

酷い煽り合いやらになっているっぽいですね・・・

そこら辺はシステムじゃなく人の問題なので残念すぎます

 

経験値の配分も問題(LV30くらいのレベル帯で)

FATEという、突如フィールドに湧くクエストみたいなものは1万程度の経験値に対し

消費してしまうクエストは7000程度

任意に受注できるクエストは2000程度

そこら辺の敵は150程度ですからね・・・

そこらに転がっている敵を相手にする機会ってのは駆け出しの時以外なくなっちゃいますね

 

ギルやアイテム関連は

クエストの報酬で良いアイテムがもらえるので、製作者側が潤わない感じコレは少し問題かも?

供給が多すぎる気がします

ただ、DQXのすべてがお金で回っているのに対し

特に序盤はギルに気にしなくていいのは良かったかな?

 

全体的な印象としては、なんだろう

お金がたまった→武器を買うか防具を買うか迷うとか

DQで言うと、LVが上がったり、はがねの剣を手にれた時の世界が広がる感じや

薬草を大量に買って、早めに次の街へ行って装備を整えるか

宿屋周辺でLVを上げて楽に行くとか・・・

なんかそういったユーザー側がどう遊ぶかってな部分が少ない印象がしました

(ジョブの選択やクラフターの選択とかそういう部分ではなく、もっと基本的な部分で)

せてめ、幻術士から白魔道士になった瞬間とかに何かフックが欲しかった

 

 

効率重視で、RPGとして面倒と思うものは極力省いているという印象

だから面倒に感じずに気がつけばログインしているのかもしれませんね

で、振り返ってみると何が面白かったのかな?って思うループを繰り返した無料期間でしたよ~

なんだろう、今振り返ってもつまらない部分しか出てこないんですが

自然とやってしまっていた・・・不思議・・・

 

動画等を見るとまだまだやりたい欲が出てくるので

表面では冷めていても、深層心理ではハマっているんでしょう・・・

 

本当不思議・・・

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします