別法線をやってみる2

まず最初に・・・

くそがぁぁっぁぁぁっぁぁぁ!!!

 

・・・ふう、スッキリ

 

今朝に引き続き、別法線をやってみようってな事

まずは、試行錯誤の結果、タンジェントベースっぽい法線を書き出せたのでご報告

1932(1).jpg

レンダマップの項目で、法線をUv基点にして、オプションでタンジェントを指定してあげると

1932(2).jpg

なんとなく、似た感じの法線が得られますよ・・・

ただ、駄目そうですがね!

 

っちゅう事で、諦めて

別法線を焼き付けること方を試してみると事に!

まずは、なんとなく陰影が出てほしい部分とかを考慮したモデルを作成

1932(3).jpg

陰影はこんな感じ

1932(4).jpg

で、ユーザー法線を作成し

勇者の顔モデル

1932(5).jpg

にGatorで転送!

そうすると

1932(6).jpg

おお!陰影いい感じ・・・

・・・

・・

ん?

ってエッジがおかしくなってる!!!

 

というのも当たり前で、法線方向に押し出している訳なんで

ユーザー法線を使っていればこうなることは解っていたこと♪

 

よし、シェーダー側を変更してNormal0的な感じで2つ作っちゃうぞ~

 

んなことを余裕綽々で思っていたんですが

SIさん・・・

 

ポジションやノーマル等々・・・

複数使えない!!??

いやいやいやいや、ヘルプにはNormal[N]ってな風に複数使えるように書いてるし

意気揚々と自動的に判別しちゃうよ!的な事も書いてある

 

だから、そんなこと無いよね、作成方法が悪いんだって事で

SIのシェーダー作成ウィザードで項目を作成しちゃおう(^O^)!!

 

・・・

・・

 

ん?一個しか選択する項目がない??

1932(0).jpg

・・・

・・

 

くそがぁぁっぁぁぁぁっぁぁぁっぁぁぁぁぁぁ!!!

 

ヘルプのリアルタイムシェーダーの部分はあまり更新されている様子がないので

おそらく、DX10等が排除されたバージョンからこんな感じになったんじゃないかと予想

 

あぁ・・・

結局、法線マップでやる道

法線を書き出す道を探る旅になるのか・・・

 

この話題は、一旦寝かせよう

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします