フィルタの脅威

手書きのテクスチャに

少し色気を出せないかなぁってな事で

ちょいと検索していたんですが

岩肌程度であれば

Photoshopのフィルタを使い、数回のクリックで出来るんですね・・・

驚き

1800(1).jpg

これを、作っておいた背景用のオブジェクトに適用すると・・・

1800(2).jpg

おぉぅ・・・

急にクオリティが・・・

 

ただ、手描きとは違って

誰でも同じ色のものが出来るため、面白い絵が作れるかどうかは

デザイン次第になってくるのがキツイかな?

 

ちょいと背伸びして実写にも手を出してみると

1800(3).jpg

うん、背景にいたっては実写を使うと

本当、一気にクオリティが上がりますね~

例えば、3DArtsとかに投稿して評価がつくのはこっちな気がする

納得のいく絵を作るには海外のモデル同様

物量ってな事にもなってきそうですが・・・

 

スタジオぴえろや草薙さんの様な

背景を書く画力がないし

今のところ好きなシェーディングのブルードラゴンも

調べると実写なので

うだうだやってないで今回は、実写でやっちゃおうかな?

手描きより楽で評判も良くなりそうだし

 

せめて、二枚目の崖のようなテクスチャを自分で書けるレベルにあればなぁ・・・

 

前回の木や石みたいな背景の中でもオブジェクト色が強いのは手書きのまま残して

切り立った崖とか地層とかは実写にしてみようかしら

 

あぁ~迷う・・・

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします