The End of the Dream

さてと、年末ということなので

今年の自作3Dを振り返ってみようと思いますよ~

 

毎年、3Dはちょくちょくと作り

近年ではリクエストをこなしたり、友人のゲーム用モデルを作ったりしてましたが

今年は、本格的にXSIに移行したり

Zbrushを導入したりと、なかなか動きの多い一年になりましたよ

 

動機はね、メタセコ界隈のHPから脱却して

SoftimageやらZbrushのユーザーさんのサイトを回るようになったからな気がする・・・

トップのレベルはどのソフトでも果てしなく高いのですが

底辺のレベルが段違いだなぁって感じていて

メタセコでどうにか作れるようになってきた!ってな感じで登った山が

3D全体で見ると、コブ程度の物だったのかな?ってな風に卑屈にもなったからかも知れませんね

 

で、最初に取り掛かったのが

後々に指標に出来るであろう大好きなドラゴンボールモデル

1660(1).jpg

今見ると、ドイヒーですが

ちょっと希望が湧いた一体でした

体も作り、とりあえず形状だけは完成しましたが

プログラムの方に熱が入り中途半端な状態で今日を迎えてますね・・・

 

次に、SoftimageにもGoZが来た!ってな事で

1日チャレンジで制作したFF9のビビ

1660(2).jpg

スタンダートブラシとクレイブラシしか知らない状態で

しかも一日チャレンジと言いながら完成まで三日かかりましたが

良い感じに出来たって思ってますよ~

リトポもして法線マップもUltiで焼付け

前半のプログラムではかなりお世話になったモデルです

 

で、ビビが良い感じに出来たんだからってな事と

造形天下一ってな素敵な企画を知って作り始めたランチさん

1660(3).jpg

髪の形状が思い浮かばなく、今見ると酷いですが

なんとなく、これを作った時に妙な手応えを感じたんですよね・・・

 

手応えを感じたまま

自由に作ってみよう!ってな感じで作っていたら

みるみる、とあるキャラに似てきたので作った桃白々先生

1660(4).jpg

原作よりも、薄めに髪の毛を作ってしまったので

三つ編みをどう作るか迷いましたが

テクスチャ、形状ともに気に入っていますね・・・

リトポする段階まで作ったのですが

ここで法線マップがうまく焼けないと言う現象に遭遇

 

ここから後半に続きます

 

 

にしても、ZbrushとXSIしか触ってませんが

振り返ると面白いものですね

突き進め!どこまでも鮮やかに

ってな事を胸にすすめる気がします

無理矢理・・・

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします