輝度の天津飯

HDRを見直した形の物を作ってみましたよ

141.jpg

今までのHDRと根本的に違うのは

輝度検出の部分をほぼ、自動化させたことですよん

 

4Sampleのダウンサンプリングを

画面のサイズが1×1になるまで縮小して

それで求められた色をシーンの平均輝度としています

で、それを元に、1フレーム遅らせた感じで

動的にトーンマッピング!

ってな感じでHDRをやりましたよ

 

今回は浮動小数点を使った、モノホンのHDRです

前までの擬似HDRよりもXNA計算で50FPS位遅いですね

 

で、暗順応とかも実装してみました

(教習所とかで習うトンネルの奴ね!)

 

急に明るいところを見るとまぶしくてまぶしくて・・・

142.jpg

で、自然と目が慣れていって

見えるようになってくるってな感じですよ

143.jpg

うん、いい感じ!

 

ただ、やっぱり平均輝度を出すのに

1×1まで圧縮するのは、ちょいとコストが高いかも

通常表示で4500FPS位の物が600位まで下がっちゃった・・・

ここから、十字の光を出すためとか、グロー系の処理のために

10~25パス位使うと考えると

ピクセルシェーダーがひぃひぃ言うのが目に見えてる感じ・・・

 

やっぱり平均輝度は画面を見ながら、自分で決めるのが現実的なのかにゃ?

 

 

Twitterにフォローもらったみたいなんですが

コレってどうすればいいんだろうか

全くTwitterを調べてないので、ちょいと基本的な部分から学習しなくちゃ

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします