SlimにDXな感じ

買っちゃった!マリオギャラクシー2

125.jpg

DQMJ2があるので、当分先に買おうと思っていたんですがね

結構早めにDQMJ2は終わってしまい

Wifiの対戦で越えられない壁を感じたので、早々とリタイアな感じで

買ってきましたよぉ

ただね、Wii本体が現在に家に無いのを忘れてた・・・

マリオカートをより楽しむために、よくやる友人に貸していたんだった

う~早くやりたい!

 

さて、昨日からTwitterを復活させましたよ

ブログが面倒になりそうなので、あまりTwitter中心には動きませんが

で、ちょいとSlimDXに手を出してみました

というのも、XSIのトゥーンレンダリングは線が遅すぎる!

ってな事でリアルタイムトゥーンViewerでも作ろうかと・・・

XSIのビューポート処理でもいいんですがね

あたしのOpenGL知識はちょいとまだまだなので

 

XNAで一度Viewerも作ってるし、ライブラリも作っているので

XNAにしようと思いましたが

XNAは読み込みが遅い(モデル変換の為)のと

スムージング角が変更できない事がネックになるかな?って思ったためですよん

ゲーム制作は四の五の言わずにXNAです!

 

で、現状は外部Xファイルの読み込みまで製作完了!

126.jpg

XNAのViewerみたいに、

外部エフェクトを読み込んだりする機能はつけないつもりなので

ここから、マテリアル編集の為のメニューを作成すれば、ほぼ終わりかな

・・・

あぁ~SlimDXでスキンメッシュ再生出来るようにしなくちゃ行けないのか・・・

読み込みを我慢してXNAにするかなぁ・・・う~ん

 

とりあえず、機能実装予定はこんな感じ

 

・擬似HDR(HL2実装の奴)か浮動小数点のHDR

・1×1の輝度検出によるトーンマップ

・DOF

・法線、深度、マテリアル、オブジェクトの境界判断のポストエフェクトエッジ

・シャドウマップ

・基本シェーダーはAdvance Toon Shaderを改良したもの

・異方性反射

 

こんな感じかな

多分、XNAで学んだポストエフェクト系はふんだんに、盛り込もうかと

ただ前回のViewer制作時にも感じたけど

ポストエフェクトを多めに入れると、フルHDではリアルタイム動作がきつい!

(特にエッジ系)

ここらへん、解像度固定で行くか迷うところ

 

とりあえず、

個人的トゥーンモデリングブームが過ぎないうちに制作を始めたいところ

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします