E-CL-S-VIII

今日は全く、姫をさわれませんでしたよ・・・

ん?なんか卑猥な響きだな・・・

 

068.jpg

 

でも、今日はね、以前欲しいと言っていた

EDWARDSから発売されたE-CL-S-VIIIを弾く機会があったので

軽く感想でも書いておこうかなって思いますよぉぅ~

 

あたしと同じくらいのSUGIZOファンの先輩が買って

大人の財力に物を言わせてPU、パーツをESPのと同じのにした版を弾かせてもらったんですがね

第一印象としては「普通のギター」でした

 

SUGIZOのモデルと言うと、レスポールシェイプなのに24Fあったり

ネックが薄かったり、サスティナーが実用出来る範囲でついていたりと

その他アーティストモデルとは一線を画してるイメージ(デザインだけじゃなくちゃんと考えられている)が有ったんですがね

22Fになり、ブリッジもフロイドローズじゃなくなってしまうとなると

ただの、鳴りの若干薄いギターでした^^;

 

でも、DuncanのAntiquity IIは強力でP-90も魅力的な音はしてましたよ^^;

フロイドローズ嫌いの僕としては期待していたんですがね^^;

なんていうか、コレじゃなくてもゴロゴロあるな!この音!ってな印象でした

奇才が新たに求めたのは回りまわって普通でしたってな感じですよ

 

これに10万+PU代をかけるなら

似た音が出そうなストラトか、P-90が載っているギブソンを買うかな~ってな所です

 

多分、LUNASEA時代のSUGIZOのLIVE音はフロイドローズじゃないため作りにくいかも?

SUGIZOのLIVE音を求めて買うならやっぱり、ESPのS-IかS-IIIですね~

 

あ、そうそう

ESPのS-IとかS-IIIよりも、音のバランスは良かったです

S-Iとかは細い弦をあまりひろってくれませんからね^^;

 

 

・・・

というか、再構築したら

Downloadのリンク吹っ飛んだ!

記事は残ってるのに何故!?

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします