HSP TIPS 4 モーションの表示

第四章  ・・・  E3Dでモーションの表示

プログラム上でモーションを適用させます

□ プログラミング

今回の実行画面です

ソースはこちらです

□ ソース解説(短い^^追加されたものだけね)

QUAFOLDER = dir_cur + "dataqua"
・モーションファイル"Qua"が入ってるフォルダを指定します

 pathbuf.0 = QUAFOLDER + "run1.qua"
E3DAddMotion hsid1, pathbuf.0, idRun ,maxRun
E3DSetMotionKind hsid1,idRun

・"run1.qua"を読み込んで
ID"hsid1"に適用させます "idRun"はモーションの名前で
"maxRun"はモーションの最大フレームが収納されます
E3DSetMotionKindで"hsid1"にモーションを適用します

E3DSetNewPose hsid1, newframe
・モーションを進ませる行為を行います

以上の事で、SIGファイルの表示とモーションの表示が可能です

« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメント

※名前の入力は必須です

コメントを残す

---

以下のHTMLタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※管理人にのみコメントを残す場合は、こちらのフォームよりお願いします